ゲーム一覧ページへ
大富豪(大貧民)、ナポレオン、ソリティアなど、トランプの無料ゲームをプレイできるトランプスタジアム
ルールページへ
メニューページへ

ゲームの概要
プレイ人数使用するカード枚数
2~7人
基本は52枚(ジョーカーを含まない)

人数によって下記のようにカードの種類と枚数を減らします。


参加人数減らすカードまたはカード合計数
3人51枚
(♣2もしくは♦2を抜く)
4人52枚
5人50枚
(♣2と♦2を抜く)
6人48枚
(全てのマークの2を抜く)

ゲームジャンル

♠ トリック系トランプゲーム

各プレイヤーがカードを1枚ずつ出していき一番強いカードを出した人がカードを全て取る、というのを繰り返すゲームです。
カードの強さの順番はゲームによって異なります。

基本用語
  • ● 手札・・・

    プレイヤーのカード。

  • ● 台札・・・

    各プレイヤーから場にオモテ向きに出されたカード。

用 語解 説
リード最初のプレイヤーが最初にカードを1枚出すこと。
トリック 最初にカードを出すプレイヤーがカードを出した後、そのプレイヤーの左隣のから順番にカードを1枚ずつ出していきます。
全員が1枚ずつカードを出したら、一番強いカードを出した人が場に出されたカードを獲得となります。

この一連の流れを「トリック」と呼びます。
シュート・ザ・
ムーン
あるプレイヤーがマイナス点となる「♠12」と「♥カード全て」を手札に揃えるとそのプレイヤーには「♠12」と「♥カード分」のマイナス点は与えられず、逆にそれ以外のプレイヤー全員に- 26点が与えられる。

直訳すると「月を撃つ」の意。
「難しいことを成し遂げる」の意味になります。
攻略のワンポイント!

プレイヤー同士で場に出したカードの強さを競い合いながら最終的にカードのマイナスポイントの少なさを競う戦略性の高いゲームです。

攻略のポイントは

  • ● 【J以下の♠でリードして、♠Qを取らないよう気を付ける】
  • ● 【早めに大きなカードを使い切る】です。

ゲームの大半を占める手札からのカードの勝負は前座にしかすぎません。
マイナス点となる「♥カード」と「♠Q」を手元に残さないかが勝負のカギです。

基本ルール

「設定」で変更できるもの

こちらのゲームは「設定」から以下の項目の設定変更が可能です。

プレイ人数4人
カード交換の方法常に左側のプレイヤーに渡すか
毎回カードを渡すプレイヤーを変更するか
シュート・ザ・ムーン☑を付けると「有効」、☑を外すと「無効」
クラブの2を持っている
プレイヤーが最初にカードを出すかどうか
☑を付けると「有効」、☑を外すと「無効」
ゲーム終了の点数-100点~-50点

カードの強さ

カードの強さについてそれぞれ以下のようになります。

  • ● リードされたマークカードの強さ

    A>K>Q>J>10>9>8>7>6>5>4>3>2>

  • ● 台札でのカードの強さ

    A>K>Q>J>10>9>8>7>6>5>4>3>2>

※「リード」されたカードの強さが優先となり、それ以外のカードが以下に続く強さとなります。

カードの扱いと分類

ハートのカードは「リード」に使うことができません。
また、最初のトリックではマイナス点となるカード(ハートのカード全てとスペードのQ)を出すことができません。

勝敗の決定

ゲームを繰り返し行い、いずれかのプレイヤーが-100点以下になった時点でゲーム終了となります。
この時点で0点に一番近いプレイヤーが勝利となります。(※オプションにて変更可能)

カード移動のルール

「♣2」のカードを持っているプレイヤーがその「♣2」を場に出してゲームスタート。(※オプションにて変更可能)

各プレイヤーは順に1枚ずつカードを出していき、先述の「カードの強さ」で紹介の強さから、出したカードで競い合い、一番強いカードを出した人が場に出されたカードをすべて獲得となります。

ゲーム終了時に、マイナス点数が付くペナルティーカードの「♠12」や「♥のカード」がどれだけ手元にあり、マイナス点数を集計していきます。

 このようにゲームを繰り返し、最終的に設定したマイナス点の上限に達してしまったプレイヤーが負けとなり、マイナス点数の最も少なかったプレイヤーが勝ちとなります。

① カードをよく切り、各プレイヤーに裏向きで4枚ずつ配ります。

まずジャンケンなどで「親」を決め、「親」はカードよく切ってから参加する各プレイヤーに均等にカードを配り、プレイヤーの「手札」とします。
プレイヤーは配られた「手札」からいらないカードを3枚選び、裏にして伏せて左隣のプレイヤーに渡し、自分は逆に右側のプレイヤーから3枚のカードを受け取ります。(※3枚のカードを渡すプレイヤーはオプション変更可能)

上記のようにゲーム開始前にプレイヤー間でカードの交換を行います。


② 1巡目はクラブのカードからスタート

プレイヤー同士のカードの交換が終われば、次に「♣2」を持っているプレイヤーがそのカードを場に出して、ゲーム開始となります。
(クラブの2が抜かれている場合は♣3)

1巡目はクラブのカードを出したプレイヤーの左隣のプレイヤーから順番に、リードされたカードと同じマークのカードを場に出してゆきます。
この時「手札」に同じマークのカードを持っていない場合はどのカードを出しても大丈夫です。


③ 一番強いカードを出したプレイヤーが場に出たカードを獲得

全員がカードを1枚ずつ出したら一番強いカードを出したプレイヤーが場に出されたカードの獲得となります。

カードの強さ」は先述の通りですが、優先される強さはそのトリックでリードされたスート(カードのマーク)のカードが優先され、勝敗もリードされたスート同士での勝敗が優先されます。

自分の番に来てリードされたスートが手元に無く別のスートのカードを出した場合は、そのカードの数字がリードされたカードや、同じくリードされたスートが同じである他のプレイヤーのカードより数字より強くても、勝敗に関わることはできません。

次のトリックは前のトリックでの勝者プレイヤーがリーダー(カードをはじめに出すプレイヤー)となり、場にカードを1枚リードして1巡目と同じようにゲームを進めて、勝敗を競い合います。


④ 「ペナルティーカード」と「HEART BREAK(ハートブレイク)」

ハーツでは以下のカードについて特殊な扱いがされています。終了時点での各プレイヤーの獲得カードからマイナス点の計算となります。

カード概 要
ハートマークのカード 「♥マークのカード」はゲーム開始時はリードすることができません。(場に出すことができない)
ゲームが進行していき「♠12が出された」「手札にハートのカードしかなくなってしまった」の時となるまで場に出すことができず、場に「♥マークのカード」を出すことを「HEART BREAK(ハートブレイク)」と呼びます。

「HEART BREAK(ハートブレイク)」以降は、ハートのカードも場に出すことができますが、勝敗により獲得するハートのカード1枚につきマイナス1点の減算得点となります。
スペードのQ ゲーム開始時に手札にあるだけでは減算のペナルティーはありません。
カードの勝負で獲得してしまうとマイナス13点の減算得点となります。

⑤ 「HEART BREAK」でも望みをつなげる「シュート・ザ・ムーン」

「HEART BREAK(ハートブレイク)」後に手元に「♠12」があり、ハートのカードが溢れてしまっても、減算から救われる方法が「シュート・ザ・ムーン」です。(※オプションにて変更可能)

シュート・ザ・ムーン 手元に「♠ 12」があり
「他のプレイヤーがハートのカードを獲得していない」
「ほとんどのハートのカードを自分が持っていて全部獲得しそうだ」
という条件が整ったときは思い切って、全ての♥カードの獲得を目指してしまいましょう。

そのトリックの終了までに「♠12」と「全ての♥マークのカード」の獲得ができれば自分の減算は0(ゼロ)で、逆に他のプレイヤー一律に- 26点の減算を与えることができます。

この流れを繰り返していき、いずれかのプレイヤーの得点が-100点以下になったらゲーム終了です。(※オプションにて変更可能)

ゲーム終了時点で0点に一番近いプレイヤーが全体の勝者となります。

得点について

カードの点数は以下のように得点が定められています。

カード得 点
ハートマークのカード
1枚につき- 1点
スペードのQ
- 13点

オンラインのアイコン説明

「ハーツ オンライン」のロビー画面やルーム画面などに表示されるルールアイコンの説明です。

アイコン画像アイコンの説明
シュート・ザ・ムーン 有り
40点でゲーム終了
50点でゲーム終了
60点でゲーム終了
70点でゲーム終了
80点でゲーム終了
90点でゲーム終了
100点でゲーム終了
収録ゲーム一覧
トップページ
♠ シチュエーションから探す
♠ 目的別から探す

ページトップボタン