大富豪(大貧民)、フリーセル、ソリティアなどのトランプゲームや麻雀の無料ゲームをプレイできるトランプスタジアム

トランプスタジアム収録の
ゲームルールの紹介

GooglePlus
ゲームルール
- 戦争 -
ゲームの紹介
お互いに裏向きに伏せられた「手札」の中から1枚を選び、場にオモテにして出し合ってカードの強さを競うゲームです。

カードの強さもわかりやすく、複雑なルールなども無いので、いつでもどこでも手軽に楽しめるのが特徴。
最低2人から複数の人数で楽しめるパーティーゲームです。
ゲームの概要
プレイ人数使用カード枚数
2~5人52枚(ジョーカーを含まない)
ゲームジャンル
ストップ系トランプゲーム
   手札をルールに従って出していき、他のプレイヤーよりも早く手札を無くすことを目的とするゲームです。
   七並べや大富豪など、日本でよく知られているゲームはほとんどがこの系統です。
基本用語
  • ● 手札・・・プレイヤーのカード。
  • ● 場札・・・「手札」からめくられ場にオモテ向きに出されたカード。
攻略のワンポイント!
出されたカードの数字の大小で勝敗が決まるシンプルなゲームですが、伏せられたカードを出すために運の要素も強いゲームです。
 攻略のポイントは

    ● 【連敗してもあきらめずに続けよう】です。

 伏せられた「手札」の中から無作為に1枚を選んで戦わせるため明確な攻略法は無いですが、最終的なポイント数での勝負なので
 1戦1戦に勝てなくても、ゲームを通して勝ちを得られるようにあきらめずに戦い抜けば、勝ち抜けるかもしれません。
基本ルール

「設定」で変更できるもの

こちらのゲームは「設定」から以下の項目の設定変更が可能です。
ラウンド数1, 3, 5, 10ラウンド

カードの強さ
(左に行くほど弱い)

A > K > Q > J > 10 > 9 > 8 > 7 > 6 > 5 > 4 > 3 > 2

※カードのマークは勝敗に影響しません。

勝敗ポイント

カードバトルに勝利してカードを獲得する度に1ポイント獲得します。

ただし、前のターンに引き分けがあった場合は、場に出ているカードの枚数分だけポイントを獲得することができます。

例えば
引き分けが1回のあとに勝てば4ポイント
引き分けが2回連続したあとに勝てば6ポイント
を獲得することができます。

引き分けがあると大量得点が可能なので、一発逆転の可能性も出てきます。

勝利条件

誰かの手札がなくなった時点で、一番多くのカードを手札を持っている人が1位。
以下、手札の枚数が多い順に順位が決まる。

カード移動のルール

参加プレイヤー同士が場へカードを出し合っての対戦になります。

① カードをよく切り、各プレイヤーに裏向きで均等に配ります。

52枚のトランプを、よく切ってから参加プレイヤーへ均等になるように裏向きに伏せてカードを配ります。
各プレイヤーは配られたカードを裏向きのまま重ねて持ち、これを「手札」となります。


② 掛け声でゲームスタート

「戦争!」(または、決められた合図)の掛け声とともに、裏向きの「手札」束の一番上のカードを、場にオモテ向きに置きます。
これが「場札」となります。

場に出されたカードの中で一番強いカードを出した人が勝者となり、場に出された「場札」をすべて獲得となります。

※ここで同じ強さのカードを出したプレイヤーが複数いた場合そのプレイヤー同士で新たにもう1枚を掛け声とともに手札の一番上のカードを同時に出し、改めてカードの強弱を争います。

勝負が続くまで繰り返し、勝者となったプレイヤーは場にある札を全て取ることができます。

 このようにしてゲームを進め、誰かの手札がなくなったらゲーム終了です。
この時点での手札の枚数が多い順に1位、2位、・・・という順位になります。

ページトップボタン