大富豪(大貧民)、フリーセル、ソリティアなどのトランプゲームや麻雀の無料ゲームをプレイできるトランプスタジアム

カード

トランプスタジアム収録の
ゲームルールの紹介

スペードの遊び方
ゲームルール
- スペード -
スペードのゲーム画面
ゲームの紹介
2人1組の2チームに分かれ、パートナーと協調していくことが大切なゲームです。

ゲーム開始時に自分が何回勝つかをを宣言し、勝利回数を達成できたら加点され、達成できなければ減点となります。
スペードのゲームステータス



ゲームの概要
プレイ人数使用カード枚数
4人52枚(ジョーカーを含まない)
ゲームジャンル
♠トリック系トランプゲーム
各プレイヤーがカードを1枚ずつ出していき一番強いカードを出した人がカードを全て取る、というのを繰り返すゲームです。
カードの強さの順番はゲームによって異なります。
基本用語
用 語説 明
手 札各プレイヤーのカード。
台 札各プレイヤーの「手札」から場に出されたカード。
スートカードのマーク(♠ ♥ ♦ ♣)のこと。
リード最初のプレイヤーが最初にカードを1枚出すこと。
トリック 最初にカードを出すプレイヤーがカードを出した後、そのプレイヤーの左隣のから順番にカードを1枚ずつ出していきます。
全員が1枚ずつカードを出したら、一番強いカードを出した人が場に出されたカードを獲得となります。
この一連の流れを「トリック」と呼び、勝利することを「トリックを取る」と表現します。
ビッド カードが配られた後、最初に宣言するパートナーとの総獲得目標トリックの数(目標勝利数)。
配られた「手札」などを見て取れそうだと思うパートナーとの総トリックの数の宣言をおこないます。
ニル(Nil) ビッド選択時(予想勝利数宣言)に配られた「手札」カードを見て「0」を宣言することを「ニル」といいます。

※ただし、「ニル」のでビッドはパートナーとの合計ではなくプレイヤー個人対してのみ有効の宣言です。

 つまり、自分はトリックを1つも取らないという宣言で、宣言通りに1トリックも取らなかった場合100点が加点されますが、1トリックでも取ってしまった場合は逆に100点の減点となります。
ダブルニル ビッド選択時(予想勝利数宣言)に配られた「手札」カードを見ずに「0」を宣言することを「ダブルニル」といいます。

ニル同様トリックを1つも取らないという宣言ですが、配られた手札を見ずに「0」宣言を行うのが「ダブルニル」です。

※「ダブルニル」のビッドはパートナーとの合計の獲得宣言になります。

 宣言通りに1トリックも取らなかった(取れなかった)場合200点が加点されますが、1トリックでも取ってしまった場合は逆に200点の減点となります。
バッグ 大まかに言うと、「ペナルティーポイント」のようなものです。
チーム全体で宣言したビッド以上にトリックを取った場合、上回った分だけ「バッグ」が加算されていきます。
バッグは蓄積し、「10」に達すると100点の減点となります。
スペードについて このゲームではスペードが切り札となりますが場にスペードが出るまではスペードはリード(一番最初に出す)することはできません。

カードの強さ
(右に行くほど弱く、またさらに下へ行くほど弱い)
♠A > ♠K > ♠Q > ♠J > ♠10 > ♠9 > ♠8 > ♠7  > ♠6 > ♠5 > ♠4 > ♠3 > ♠2 > 台札のA > 台札のK > 
台札のQ > 台札のJ > 台札の10 > 台札の9 > 台札の8 > 台札の7 > 台札の6 > 台札の5 > 台札の4 > 台札の3 > 
台札の2 > その他

● 出せるカードの制限
 2番目以降のプレイヤーはリードされたカードと同じマークのカードを出さなければならない。
ただし、リードされたスート(マーク)のカードを、持っていない場合はどのカードを出してもOKです。

 また、繰り返しになりますが、場にスペードが出るまではスペードはリード(一番最初に出す)することはできません。
攻略のワンポイント!
「ビッド」が非常にカギになってくる戦略性の高いゲームです。
攻略のポイントは

● 【自信があるときは強気の宣言と強気の攻め】です。

ゲーム開始前の「ビッド」は手札を見て強気に行くならば攻めも宣言も強気で、自身が無ければ消極的にゲームを進めましょう。
パートナーの結果との合算になるので、自分ばかりでゲームを進めるのではなく出された台札からパートナーへのサポートも勝負のカギとなってくるでしょう。
基本ルール
「設定」で変更できるもの
こちらのゲームは「設定」から以下の項目の設定変更が可能です。
ラウンド数3, 5, 10
ランダムにチームを決める☑を付けると「有効」、☑を外すと「無効」

有効にした場合以下の内容の設定変更を行える。
「COM1」~「COM3」のプレイヤー名がランダムに割り当てられます。
COM1とチームを組む☑を付けると「有効」、☑を外すと「無効」

有効にした場合以下の内容の設定変更を行える。
「COM1」のプレイヤー名から選んだ名称がパートナー名に表示されるか、「COM1」の中からランダムに選ばれた名称が割り当てられます。
点数の計算
自分とパートナーの取ったトリックの合計が、自分とパートナーのビッドの合計以上になった場合
(自分とパートナーのビッドの合計)×10+(ビッドの合計より多く取ったトリックの数)の加点となります。
自分とパートナーの取ったトリックの合計が、自分とパートナーのビッドの合計未満になった場合
(自分とパートナーのビッドの合計)×10の減点となります。
勝敗の決定
ゲームを繰り返し行い、どちらかのチームが500点を超えたらゲーム終了です。
その時点で得点が多いチームの勝利となります。
カード移動のルール
対面のプレイヤー同士が同じチームとなります。
カードが配られたら、「カードを見る」か「ダブルニル」を選択し、「カードを見る」を選択の場合は手札から判断して「ビット」を選択してください。

自分がカードを出す順番になったら「手札」からカードを1枚選択することで、場にカードを出すことができます。


① カードをよく切り、各プレイヤーに裏向きで手札を配ります。
各プレイヤーにカードを13枚ずつ裏向きにカードを配り、全員にカードを配り終えた後に「ダブルニル」の宣言の有無の確認を行います。
「ダブルニル」を宣言するプレイヤーはここで宣言を行ってください。

「ダブルニル」を宣言しないプレイヤーは「手札」の確認を行い、その内容から判断したパートナーとの総ビッドの宣言を行います。
ビット宣言が終わったら、ゲーム開始となります。

② ディーラーの左隣のプレイヤーから時計回り
ディーラー(Dのマークが付いた人)の左隣のプレイヤーからカードを1枚ずつ出していきます。
 2番目以降にカードを出す人は最初に出されたカードと同じマークのカードを出さなければなりません。
ただし、同じマークのカードを持っていない場合はどのカードを出しても構いません。

全員が1枚ずつカードを出したら一番強いカードを出したプレイヤーが出された台札を獲得します。
次順は前のゲームで勝った(台札を獲得した)プレイヤーからカードを出して同様に時計回りでゲームを進めていきます。

③ ゲームの終了
手札が無くなったら、そのターンのゲームは終了となり、その時点での各チームの「スコア」、「バッグ」を計算します。
 このサイクルを繰り返していき、 どちらかのチームが500点を超えたらゲーム終了で、この時にスコアが多いチームが勝ちとなります。

ページトップボタン