大富豪(大貧民)、フリーセル、ソリティアなどのトランプゲームや麻雀の無料ゲームをプレイできるトランプスタジアム

カード

トランプスタジアム収録の
ゲームルールの紹介

七並べの遊び方
ゲームルール
- 七並べ -
七並べのゲーム画面
ゲームの紹介
誰もが一度は遊んだことがあるかもしれないポピュラーなパーティーゲームの一つです。

それぞれのマークの7を起点に、同じマークで隣り合った数字のカードを順番に並べていくゲームです。
七並べのゲームステータス



ゲームの概要
プレイ人数使用カード枚数
3~8人52枚(ジョーカーを含まない)または
53枚(ジョーカー1枚を含む)
ゲームジャンル
♠ストップ系トランプゲーム
手札をルールに従って出していき、他のプレイヤーよりも早く手札を無くすことを目的とするゲームです。
七並べや大富豪など、日本でよく知られているゲームはほとんどがこの系統です。
基本用語
  • ● 手札・・・各プレイヤーのカード。
  • ● 場札・・・プレイヤーの「手札」から出され、場にオモテ向きに並べられたカード。
  • ● ダイヤ7・・・「七並べ」はゲーム開始時に場に全ての「7」を並べてゲームを開始しますが、
    ダイヤ7を持っていたプレイヤー(出したプレイヤー)が最初に場にカードを出す権利が与えられます。
  • ● パス・・・自分の順番を飛ばして、次のプレイヤーに順番が移ります
    基本的にパスは出せるカードが「手札」に無いときに仕方なく行うものですが、出せるカードある時でも(戦略的)に
    パスを行うことができます。
    そのためパスが行える回数は3回までで、4回目のパスをした時点でそのプレイヤーは失格=負けとなります。
  • ● 隣接・・・隣り合っているの意味で使用しています。
    「七並べ」では数字を飛ばしてのカードの配置は行えません。必ず場に出されている数字カードの前後の数字(数字に対し
    て隣接している)カードを出してゲームを進めてゆきます。
攻略のワンポイント!
「七並べ」は場に出されたカードの隣接する数字通りに「手札」を出してゆく、非常にシンプルなゲームです。
攻略のポイントは

● 【積極的にカードを出していこう】です。

勝ち抜けの条件は誰よりも早く手札をなくすことなので、場に出されたカードに隣接する数字のカードを持っているならば積極的にカードを出していきましょう。
基本ルール
「設定」で変更できるもの
こちらのゲームは「設定」から以下の項目の設定変更が可能です。
プレイヤー人数4, 5, 6, 7人
ラウンド数3, 5, 10ラウンド
ジョーカー含める, 含めない(後述)
AとK隣接する, 隣接しない(後述)
パスの制限1, 2, 3回
特殊ルール
設定の変更やペナルティーにより以下の特殊ルールが適用されてきます。
ジョーカーを含むルール
その1
 ジョーカーを持っているプレイヤーは、場に出ているカードと隣接(隣り合っている)している任意の場所にジョーカーを出すことができます。
 その時、ジョーカーが置かれた場所に本来置かれるべきカードを持っているプレイヤーは、
 そのカードを場に出し、代わりにジョーカーを「手札」に加えなければなりません。

ジョーカーを含むルール
その2
 ジョーカーを持っているプレイヤーは、場に出ているカードから1つ違ったカードを持っている場合、ジョーカーと併せて1つ違った数字のカードとの2枚を一緒に出すことができます。その時、ジョーカーが置かれた場所に本来置かれるべきカードを持っているプレイヤーは、そのカードを場に出し、代わりにジョーカーを「手札」に加えなければなりません。

例)
 場に♠ 7~9までが出ていた時、ジョーカーを持っているプレイヤーが♠Jを持っていたら、♠10の位置にジョーカーを置き、続けて♠Jも場に出します。

 他のプレイヤーで♠10を持っているプレイヤーは「手札」から♠10を場に出し、その位置に出されていたジョーカーを「手札」に加えます。
AとKが隣接するとみなす場合  AとKが隣接しているとみなすルール。
例えば、♥7~Kまでが並んでいる場合、♥2が出ていなくても♥Aを出すことができます。

 その後は、通常どおりに♥2、3、4・・・の順に出すことができます。
 逆に、♥7からAまでが並んでいる場合はハートのKを出すことができます。
パス  パスについては3回までという使用の回数制限が設けられています。
 そのため、4回目のパスをした時点でそのプレイヤーは失格=負けとなります。
失格となった人の手札
 4回目のパスをして失格となった人の手札は、すべて場のそれぞれの本来置かれるべきカード位置に置かれます。

 残りの人でゲームは続行されますが、置かれたカードが単独で隣接していない状態の場合、そのカードに隣接するカード
を持っていても置くことはできません。

 カードを置くには数字がつながっているほうから置くか、置くタイミングを待つしかありません。
カード移動のルール
ゲームの途中で脱落しなかったプレイヤーの中で、最初に手札を全て使い切ったプレイヤーがそのゲーム内で1位となります。
1位以下は失格者を除いて「手札」を使い切った順に、2位、3位の順位となります。
 ゲームの途中で脱落してしまったプレイヤーの順位は、脱落していないプレイヤーの順位よりも低く、且つ、最初に脱落してしまったプレイヤーの順位が最も低いものとなります。


① 各プレイヤーに裏向きで手札を配り、7があれば場に出します。
カードを良く切った後裏向きにして、参加プレイヤー全員に均等に配り、それぞれ「手札」とします。
各プレイヤーは、手札の中に「7」があったらそのカードを場に出していき、場に出された7は、縦1列に並べます。

② ♦7
ゲームは♦7を場に出したプレイヤーから場に出された「7」の隣接数字のカードを1枚出します。
このとき、もし「手札」にジョーカーや隣接する数字カードやジョーカーが無ければ「パス」となり、次順のプレイヤーに順番が移ります。
基本的に次順のプレイヤーは♦7を出したプレイヤーの左隣となります。 これをゲーム中は繰り返し行ってゆきます。

③ アガリと失格
早く手札がなくなった人が勝ちで、全員が手札をなくすか失格となるまでゲームを続けます。

ページトップボタン