大富豪(大貧民)、フリーセル、ソリティアなどのトランプゲームや麻雀の無料ゲームをプレイできるトランプスタジアム

カード

トランプスタジアム収録の
ゲームルールの紹介

GooglePlus
セブンブリッジの遊び方
ゲームルール
- セブンブリッジ -
セブンブリッジのゲーム画面
ゲームの紹介
麻雀のようなゲームです。

同じ数字3枚、同じマークの連続する数字3枚などの役を作って場に出していき、早く手札を無くした人の勝ちです。
麻雀よりもかなり単純で、簡単にできるゲームです。
セブンブリッジのゲームステータス


ゲームの概要
プレイ人数使用カード枚数
2~6人53枚(ジョーカー1枚を含む)
ゲームジャンル
♠ラミー系トランプゲーム
麻雀に似たゲームの系統です。カードを引いては捨て、特定の組み合わせを作っていくゲームです。
基本用語
山札場の裏向きに配置されたカード束。
捨て札「手札」から出され場にオモテ向きに置かれたカード。
「山札」が無くなった場合、「捨て札」をしっかりと切って裏向きにして「新しい山札」として使います。
手札プレイヤーのカード。
メルド「手札」の中に、同じ数字のカード3枚以上の組み合わせ、もしくは同じマークで数字が連続するカード3枚以上の組み合わせがあった場合、それらのカードを「手札」場に設けられた「メルドエリア」へ移し、公開することができます。これをメルドといいます。
また、7は1枚でもメルドすることができる。 7と同じマークの6か8があれば、2枚以上でメルドすることもできます。

1.同一数字のカードが3枚以上
2.同一マークで、数字が連続するカードが3枚以上(AとKは連続しない)
3.7は1枚でもメルドすることができ、7と同じマークの6か8があれば、2枚以上でメルドすることもできる。

付け札メルドエリアに公開された自分や相手プレイヤーのメルドに自分の手札のカードを付け加えること。
ただし、自分がメルドしていなければつけ札をすることができない。
同一数字のセットには同じ数字のカードを付け札することができます。
同一マークのセットには同じマークで連続する数字のカードであればカードを付け札することができます。
ポン他のプレイヤーが捨てたカードと自分の手札を合わせると同じ数字のカードが3枚になる場合、「ポン」と宣言して捨てられたカードをもらうことができる。
ポンをしたプレイヤーはポンで出来た役のカードをメルドエリアに置き、いらないカードを1枚捨てる。
ただし、1巡目にはポンをすることができません。
チー右隣の人が捨てたカードと自分の手札を合わせると同マークで数字の連続する3枚になる場合、「チー」と宣言して捨てられたカードをもらうことができる。
チーをしたプレイヤーはチーで出来た役のカードをメルドエリアに置き、いらないカードを1枚捨てる。
ただし、1巡目にはチーをすることができません。

また、自分がチーをしたときに同時に他のプレイヤーがポンをした場合は、ポンが優先されます。
クローズゲーム中に一度も「メルド」や「付け札」をしないで、最後に手札を一気に無くして上がることをクローズといいます。
クローズで上がると他のプレイヤーのペナルティが倍になります。
攻略のワンポイント!
「セブンブリッジ」は「役」を作りながら、誰よりも早く上がる、シンプルでいて思考要素の強いゲームです。
攻略のポイントは

● 【「7」のカードは積極的にメルドエリアへ】
● 【早さ重視なら「メルド」や「付け札」で手早くカードを出していこう】です。

相手よりも早く役を作って上がることがメインのゲームですが、ただ「あがる」だけならば相手のメルドに「付け札」など行い、「手札」を減らしてゆくという方法もあります。
また、「7」のカードは1枚だけでもメルドエリアに配置できるので、積極的に配置していきましょう。
「手札」を見極め、役を作るのが難しいと判断するか否かでゲームの進め方が大きく変わってくるでしょう。
基本ルール
トランプスタジアムでの
設定とルール
トランプスタジアムのセブンブリッジでは、一回の対戦(お互いの手札と山札が無くなるまで)を「ラウンド」と呼びます。
各ラウンドで獲得した得点を加算して、どちらかが-100点以下になるまで(加点方式の場合は誰かが100点以上になるまで)を「マッチ」と呼びます。


いずれかのプレイヤーが「設定」の「勝利条件」で設定されたマッチ数を勝利するとゲーム終了です。

山札が尽きた場合、捨て札を切りなおして山札にします。ただし、2回山札が尽きた場合は引き分けとなります。
「設定」で変更できるもの
こちらのゲームは「設定」から以下の項目の設定変更が可能です。
勝利条件1, 2, 3マッチ先取
捨て札でしか
あがれない
☑を付けると「有効」、☑を外すと「無効」
ジョーカー☑を付けると「有効」、☑を外すと「無効」
1周目は
ポン・チー禁止
☑を付けると「有効」、☑を外すと「無効」
カードの点数
絵札の点数は以下のように得点が定められています。
カード得 点
ジョーカー20点
715点
K(キング), Q(クイーン), J(ジャック)10点
A(エース)1点
その他数字通りの点数
ジョーカーについて
ジョーカーはどのカードの代わりにもできます。

ただし、ジョーカー単独でのメルドはできません。
また、捨て札のジョーカーに対してポンやチーをすることはできません。
(「ゲーム」→「設定」で「ジョーカー」を有効にした場合のみ、ジョーカーが含まれます。)
カード移動のルール
メルドできるカードの組み合わせがあったら、それらのカードを選択状態にし、中央のメルドエリアをクリックすることによってメルドすることができます。

 付け札をする場合は、付け札をするカードを選択状態にし、対象のメルドをクリックしてください。

 最後に捨てるカードを一枚選択状態にしてから、捨て札をクリックしてカードを捨てます。これで自分の番が終了です。

セブンブリッジのゲーム画面
他のプレイヤーが捨てたカードでポンやチーができる時、右側にボタンが表示されます。

 ポンやチーをする場合はそれぞれのボタンをクリックしてください。
 ポンやチーをしない場合は「スキップ」をクリックしてください。


① カードをよく切り、各プレイヤーに裏向きで手札を配ります。
まずジャンケンなどで「親」を決め、「親」はカードよく切ってから「手札」となるカードを自分と相手プレイヤーに7枚ずつカードを配り、残りのカードは「山札」として場の中央へ裏向きのカードの束として配置します。

「親」は1ゲームごとに交代になります。

② 「手札」に役を作ってゆく。
次に親は、「山札」からカードを1枚取って「手札」に加え、いらないカードを1枚捨てます。
「捨て札」は「山札」のと成りにオモテ向きにして重ねていきます。
親の次順は親の左隣のプレイヤーとなり、同じように「山札」からカードを1枚取って、「手札」からいらないカードを捨てていきます。
これを時計回りに順番に繰り返していきます。

③ 「メルド」と「付け札」、ポン・チー
プレイヤーは自分の順番のときに、役がそろっていればメルドすることができる。(ただし、役がそろっていてもメルドは必須ではありません)
また、自分がメルドしている場合は、他のプレイヤーにつけ札をすることもできます。

 2巡目以降であれば他のプレイヤーがカードを捨てた時に、ポンやチーをすることができます。

 このようにゲームを進めていき、一番最初に手札を無くした人の勝ちとなります。
ただし、あがる時は必ずカードを1枚捨ててあがらなければならない。
(「メルド」や「付け札」でのあがりは行えない)

勝者以外の人は、残った手札に応じてペナルティ点が与えられます。

ページトップボタン