大富豪(大貧民)、フリーセル、ソリティアなどのトランプゲームや麻雀の無料ゲームをプレイできるトランプスタジアム

カード

トランプスタジアム収録の
ゲームルールの紹介

GooglePlus
フリーセルの遊び方
ゲームルール
- フリーセル -
フリーセルのゲーム画面
ゲームの紹介
場に並べられたカードを「フリーセル」と呼ばれるスペースなどを利用して、最終的に「ホームセル」に同じマークのカードをAからKまでを順番に揃えてゆくゲームです。
場の列に並べられたカードは・黒、または黒・というように色が交互になるようにしか、並べられないので注意が必要です。
フリーセルのゲームステータス


ゲームの概要
プレイ人数使用カード枚数
1人52枚(ジョーカーを含まない)
基本用語
  • ● フリーセル・・・左側上の4つのスペース。フリーセルには1セルにつき1枚自由にカードを置くことできます。
  • ● ホームセル・・・右側上の4つのスペース。
    最終的にホームセル1つにつき同じマークのカードをAからKまで順番に重ね終え、4つのホームセルを4種類のマーク
    で全て揃えることができれば、ゲームクリアになります。
  • ● 場・・・カードが表向きに配置されたところ。
  • ● 列・・・「場」のうち、カードが並んでいる列。
攻略のワンポイント!
「フリーセル」はポピュラーでありながら、思考力が試されるゲームです。
攻略のポイントは

● 【Aや2は優先的に列から「ホームセル」へ移動】
● 【「フリーセル」を活用して場には連続した数字を】です。

最終的に「ホームセル」に同じマークのカードをAからKまで揃えるので、Aが動かせるようならば、優先的に「ホームセル」へ移動してしまいます。
「列」には色を交互で降順にしかカードを配置できませんが、「フリーセル」を利用してなるべく連続した数字を用意しておきましょう。
基本ルール
カード移動のルール
カードは色が交互になるように降順でしか配置できません。

① 先ずは降順でカードを並べていこう
「場」の「列」を見渡して、数字が連続して降順になるカードを探します。
 次に、カードの色が交互になるようであれば、そのカードを移動して「列」をまとめてゆきます。
カードは色が交互で且つ、数字が連続して降順になっているのであればまとめて移動することができます。
あわせて、Aがあれば「ホームセル」へ配置していきましょう。

② カードの移動について
「フリーセル」の中で少しわかりにくいのが、カードの移動についてです。
 基本的にカードの移動は1枚ずつしか行えないのですが、「フリーセル」や「場」に空きがある場合、複数枚をまとめて移動ができてしまいます。
以下は、その内容を簡単に解説したものになります。
例えば、10、9、8、7、6、5番と連続している列を2つ隣の列にある J の下に移動したいとします。
(この時、「フリーセル」に空きが1つ、「列」に空きが2つ とします。)

まず、一気に10~5移動はできません。
一気に移動を行おうとすると「移動できるカードは4枚までです。」というメッセージが出て、カードの移動が行えません。
これは「フリーセル」にも「列」にも(移動の条件を満たす)空きがないので、移動が行えないということなのです。

では、(移動の条件を満たす)空きというのはなにか? これは簡単に説明すると次の計算式で求めることができます。

(「フリーセル」の空き数+「列」の空き数)+1
繰り返しになりますが基本的にカードの移動は1枚ずつしか行えません。

ただし、上記の条件が当てはまるときであれば、条件内の枚数であればカードをまとめて移動することができます。

カードは色が交互になるように降順でしか配置できません。

③ 「ホームセル」に配置したカードは動かせない(※)
「ホームセル」に配置したカードを「フリーセル」や「列」に配置することはできません。
ただし、ゲームの機能である”元に戻す(undo)„を使ったときのみ、「ホームセル」に配置前の位置に戻すことができます。

ページトップボタン