大富豪(大貧民)、フリーセル、ソリティアなどのトランプゲームや麻雀の無料ゲームをプレイできるトランプスタジアム

トランプスタジアム収録の
ゲームルールの紹介

GooglePlus
ゲームルール
- ドボン -
ゲームの紹介
一部カードの役などはUNOに近い要素を持ったユニークなパーティーゲームです。

「スキップ」や「リバース」などの役札を効果的に使いながら誰よりも早く上がれるように戦略的にカードを出し進めてゆくゲームです。
ゲームの概要
プレイ人数使用カード枚数
3~7人52枚(ジョーカーを含まない)
ゲームジャンル
ストップ系トランプゲーム
   手札をルールに従って出していき、他のプレイヤーよりも早く手札を無くすことを目的とするゲームです。
   七並べや大富豪など、日本でよく知られているゲームはほとんどがこの系統です。
基本用語
  • ● 山札・・・場の中心に配置された裏向きのカード束。
    ゲーム開始時に1枚めくられ、ゲームの始まり札になるほか、「パス」やペナルティーの時には必要なカード枚数を引きます。
  • ● 台札・・・各プレイヤーから場にオモテ向きに出されたカード。
  • ● 手札・・・「山札」から配られるプレイヤーのカード。
攻略のワンポイント!
「ドボン」は自分だけで無く、相手からのカードの影響も受けるので運の要素を使うゲームです。
 攻略のポイントは

    ● 【役札を効果的に使ってゲームをコントロールしてしまう】です。

 他のどのプレイヤーよりも「手札」を早く消化することが勝利の条件になります。
 カード役を効果的に使い、他のプレイヤーの妨害をしたり、時には場の「流れ」を変えたりなど、クリアのためには運や戦略が鍵となってくるでしょう。
基本ルール

「設定」で変更できるもの

こちらのゲームは「設定」から以下の項目の設定変更が可能です。
ラウンド数3, 5, 7, 10ラウンド
プレイ人数4人, 5人
リーチ宣言を自動で行うか☑を付けると「有効」、☑を外すと「無効」

カード移動のルール

UNO「アメリカンページワン」に近いゲーム性のゲームです。
台札と同じマークか同じ数字のカードを出していき、手札を一番最初になくした人が勝ちとなります。


① カードをよく切り、各プレイヤーに裏向きで5枚ずつ配ります。

まず「親」を決め、「親」は52枚のカードよく切ってから各プレイヤーに5枚ずつ配り、プレイヤーの「手札」とします。
残りのカードは裏向きにして中央に重ねて置き、これを「山札」とします。「山札」からは1番上のカードをめくり、場に表向きに配置します。
このカードが最初の台札となります。

この「山札」からめくられたカードが「役」カードでもゲーム開始時の「山札」からめくられた1枚目に限り、通常のカードとして扱います。


② 「親」左隣から場へ「手札」のカードを出していきます。

親の左隣のプレイヤーから順番に、台札と同じマークか同じ数字のカードを「手札」から出し、場の台札に表向きに重ねていきます。
手札の中に出せるカードがない場合は、山札からカードを1枚引き、その場で出せるカードが出たら台札へカードを出し、次のプレイヤーの順番となります。
 この時、カードを出すことが出来なければ「パス」となり、引いたカードを「手札」に加えてから、次のプレイヤーの順番となります。


● 「手札」からカードが出せない時は「山札」からカードを引き、カードを出すことが出来なければ「パス」となります。
③ 手札が残り1枚になったら「リーチ」と宣言。

プレイヤーはゲームを進めていき、「手札」が残り1枚になったら「リーチ」と宣言します。
もしこの宣言を忘れた場合には、ペナルティーとして山札からカードを1枚取って「手札」に加えなければなりません。
トランプスタジアムでも一定時間以内に画面に表示される「リーチ」ボタンで宣言を行わないとペナルティーとなり、「手札」に「山札」からカードが1枚に加えられます。
※設定で「リーチの宣言」を「自動」にしている場合は除く。

「役」名称と効果

ドボンには、以下の役札がゲーム中で効果を及ぼします。
ただし、ゲーム開始時に「山札」から出される1枚目は、以下に紹介のカードでも「役」としては扱われません。
名 称カード効 果
エイト8場のカードがどのマークでも出すことが可能で、カードを出したプレイヤーは
以降のマークを決めることができる。
スキップA次のプレイヤーの順番を飛ばす。
リバースJ順番が逆回りになる。
ツー2 「2」のカード1枚につき山札からカードを2枚取らなければならない。
山札からのカード取得後、はカードを出すことはできません。次順のプレイヤーへと順番が流されます。

※ただし、「「2」を出されたプレイヤー」がその時「手札」に「2(カードのマークは問わず)」を
持っていたら、
その「2」さらにを出すことで次のプレイヤーにペナルティーの条件を流すことができます。

ペナルティーが流されるたびにペナルティーとして受け取るカードの枚数は出された「2」の枚数に
応じて増加していきます。
QQを2枚以上、またはQ単体に加えて「Q」と同じマークカードでカードの数字の合計が「12」
になる組み合わせ
を持っていた場合、それぞれの組み合わせにおいて、その組み合わせを場に
出すことができます。


2枚のうち上に置いたカードのマークが台札として有効になります。

ゲーム中、8+4=12 において、「8」を先に出すと「エイト」役として扱われます。

● ドボン について
 このゲームで一番特徴的なルールがこの「ドボン」です。
手札の数字をすべて足した数字が台札の数字と一致する場合、 台札のマークに関係なく、手札を一度に出して上がることができるルールです。

台札がスペードQ(12)で、手札にダイヤ3、ハート4、クラブ5の3枚だけであった場合、
この手札の合計数が3 + 4 + 5=12となって台札の数字と一致します。
この条件の時にプレイヤーは、「ドボン」という役で一発アガリをすることが出来ます。

得点について

各カードには以下のように得点が定められています。
カード得 点
役札
(A, 2, 8, J)
20点
絵札
(10, Q, K)
10点
その他
(3, 4, 5, 6, 7, 9)
数字通りの点数

 ゲーム終了時に、上がったプレイヤー以外は手札のカードの得点を合計した分だけマイナスとなります。
 上がったプレイヤーには、他のプレイヤーのマイナスとなった得点を合計した分の得点が与えられます。

ページトップボタン