大富豪、フリーセル、ソリティアなどのトランプゲームや麻雀、ナンプレの無料ゲームをプレイできるトランプスタジアム

カード

トランプスタジアム収録の
ゲームルールの紹介

カシノの遊び方
ゲームルール
- カシノ -
カシノのゲーム画面
ゲームの紹介
「カシノ」は花札と似たゲームです。
手札のカードと同じ数字の場札を取っていき、高い得点を得ていくのが目的のゲームです。
先に21点に到達したプレイヤーの勝ちとなります。
ちなみにゲーム名は「カジノ」ではなく「カシノ」になります。
カシノのゲームステータス



ゲームの概要
プレイ人数使用カード枚数
2人52枚(ジョーカーを含まない)
ゲームジャンル
♠カシノ系トランプゲーム
花札に似たゲームの系統です。手札と場にあるカードを合わせて取っていくゲームです。
基本用語
  • ● 山札・・・右上に配置された裏向きのカード束。4枚の「手札」が無くなると自動的に4枚のカードを配置します。
  • ● 手札・・・手前に表向きに配置されたプレイヤーの持ちカード。
  • ● テイク・・・「手札」にあるカードと同じ数字のカードが場に複数ある場合、それらのカード全てを取ることができ、その操作をさし
    ます。
  • ● ビルド・・・場にある複数のカードの数字を足した数が手札のカード1枚の数字と一致する場合、それらのカードをまとめて取ることが
    でき、その操作をさします。
    ただし、絵札(J、Q、K)は数字とみなされないため、ビルドで取ることはできません。(Aは1とみなされま
    す。)

    例①:場にA、2、4があり手札に7がある場合、「場札:1+2+4=7」
    「手札:7」なので、これら4枚のカードをまとめて取ることができます。

    例②:場に10があり、手札3とKがある場合、場の10に3を付け札して「13」にビルドしたら、「手札のK」で獲得。
    と考えがちですが、「絵札(J、Q、K)は数字とみなされない」ためこの場合、場札の10に3を付け札する
    ことはできず、これらのカードをKで獲得することもできません。
  • ● 付け札・・・場のカード1枚に「手札」のカード1枚を付けておき(重ね置く)、次の自分のターンにテイクもしくはビルドで取ること
    ができ、その操作をさします。
     ※手札に同じ数字のカードが複数あっても、それらのカードは同時に出すことはできません。

    例①:場に4があり、手札に4が2枚ある場合
    手札の1枚を場の4に付け札しておき、次のターンで手札の4を使って場に付け札しておいた4・4と合わせて4を3
    枚獲得できます。

    例②:場に6があり、手札に3と9がある場合
    手札の3を場の6に付け札し、次のターンで手札の9を使い、場で付け札をした6・3を獲得することができます。

    例③:場に4があり、相手がその4に相手手札の2を付け札してきて、自分の手札に2と8がある場合
    場の4・2にさらに自分の手札から2を付け札し「4+2+2=8」から、次のターンに手札の8を使い、場で付け札を
    した4・2・2を獲得することができます。

     ※付け札したカードは次のターンに必ず取らなくてはなりません。また、相手の付け札も取ることもできます。
     付け札されたカードと他の場札を組み合わせることはできません。
攻略のワンポイント!
「カシノ」は高い得点を意識して場のカードと手札を見極めていくゲームです。
攻略のポイントは

● 【「テイク」や「ビルド」で高得点を目指す】です。

場に出されたカードに対して「手札」をどのように配置するか、または捨てるかを考えながら進めるゲームです。
やみくもにカードを捨てていくのではなく、積極的に「テイク」や「ビルド」、「付け札」を使っていくことが得点獲得につながっていくでしょう。
基本ルール
「設定」で変更できるもの
こちらのゲームは「設定」から以下の項目の設定変更が可能です。
勝利条件1マッチ選手, 2マッチ選手, 3マッチ選手
対戦COM初級, 中級, 上級, ランダム
トランプスタジアムでの
設定とルール
トランプスタジアムのカシノでは、一回の対戦(お互いの手札と山札が無くなるまで)を「ラウンド」と呼びます。どちらかが21点を獲得するまでを「マッチ」と呼びます。 どちらかが「設定」の「勝利条件」で設定されたマッチ数を勝利するとゲーム終了です。

● カシノポイント 
ラウンドに勝利したとき、マッチに勝利したとき、ゲームに勝利したときにカシノポイントが与えられます。
COMのレベルが高いほどカシノポイントは高くなり、ゲームに勝利したときに得られるポイントは、勝利条件でより多くのマッチを先取しなければいけないルールにした時ほど高くなります。
カード移動のルール
自分のターンになったら「手札」や場に配置されたカードをクリックして選択しながらゲームを進め、先に21点獲得したプレイヤーの勝ちとなります。

① それぞれの「手札」が配られ、場札も配置
2人のプレイヤー(自分と対戦相手)に裏向きにカードが4枚ずつに配られます。同時に場にはオモテ向きで4枚のカードが配置されます。
残りのカードは「山札」として扱われ、右上へ裏向きに重ねられますて積み札とする。

② 「手札」と場のカードを見極めながらゲームスタート
配られたカードを「手札」として、場に手札と同じ数字のカードがあれば、「テイク」・「ビルド」・「つけ札」ができる場合は行い、カードを獲得していきます。
獲得できるカードが何もない場合は、手札からいらないカード1枚を場に出します。
4枚の手札が無くなると自動的に山札からカードが補充されるので、補充されたカードを新たな「手札」としてゲームを進めていきます。
手札も積み札も両方無くなったら、1ゲーム(ラウンド)終了となり、獲得したカードに応じて得点をつけていきます。
得 点
1ゲーム(ラウンド)終了時に、獲得したカードに応じて以下のように得点が与えられます。

名 称条 件得 点
カード獲得したカードの枚数が多いプレイヤー3点
スペード獲得したスペードのカードの枚数が多いプレイヤー1点
ビッグカシノダイヤの10を獲得したプレイヤー2点
リトルカシノスペードの2を獲得したプレイヤー1点
エース各マークのAを獲得したプレイヤー1点
スイープ場札全てを一度に取ったプレイヤー1点

ページトップボタン