クロンダイクの遊び方

プレイ人数

1人

使用カード

52枚(ジョーカーを除く)

概要

Windowsに付属しているソリティアのことです。クロンダイクというのが正式名称です。 規則に従って場札を移動させながら、最終的に各マークをAからKまで並べることが目的です。

基本ルール

組札

各マークごとに、Aから連続するカードは場札の上に置く。これを組札と呼ぶ。全てのマークでAからKまでの並びを作ることがこのゲームの目的である。

場札の動かし方

下から上に、数が大きい順に、黒のマークと赤のマークが交互に並ぶように重ねることができる。 表向きに重なっているカードは、一緒に動かすことができ、K(とそれに重なるカード)は一枚もカードが無い列に動かすことができる。 組札に連続するカードが一番上にある場合は、そのカードを組札に移動させることができる。

ゲームの進め方

  1. 左から順に、1列目には1枚、2列には2枚・・・7列目に7枚のカードを裏向きにして重ね、一番上のカードだけ表向きにする。 残ったカードは裏向きにして重ね、手札とする。
  2. 「場札の動かし方」に従ってカードを動かし、裏向きのカードが一番上にきたらそのカードを表向きにする。 また、Aがあったらそれを組札に移動させる。以降は各マークの組札に連続するカードは組札に移動させることができる。
  3. 場札が動かせなくなったら、手札から3枚をとって表向きにし、一番上のカードだけを使うことができる。 (「場札の動かし方」に従って場札に移動させたり、組札に移動させたりすることができる。) 一番上のカードを使ったら、二番目のカードが一番上になるはずなので、それを使うことができる。 このように、手札は必ず3枚ずつ表にするようにする。
  4. 手札が無くなったら、使わなかった手札でもう一度繰り返す。
  5. このようにゲームを続けていき、各マークの組札が、AからKまで連続すれば成功である。

いちおしゲーム

フリーセルの無料ゲームをプレイ

フリーセル