スペードの遊び方

プレイ人数

4人

使用カード

52枚(ジョーカーを除く)

概要

2人1組の2チームに分かれて戦います。最初に自分が何回勝つかをを宣言し、 最終的にチームとして宣言した勝利回数を達成できたら加点され、達成できなければ減点されます。 パートナーと協調していくことが大切なゲームです。

用語・基本ルール

トリック、リード

最初にカードを出すプレイヤーがカードを出した後、そのプレイヤーの左隣の人から時計回りにカードを1枚ずつ出していく。 4人のうち一番強いカードを出した人が勝利となる。この一連の流れを「トリック」と呼び、勝利することを「トリックを取る」と表現する。 また、一番最初にカードを出すことを「リード」と呼ぶ。

カードの強さ

スペードのA > スペードのK > ・・・ > スペードの2 > 台札のA > 台札のK > ・・・ > 台札の2 > その他

ビッド

最初に宣言する目標トリックの数。配られた手札を見て取れそうだと思うトリックの数を宣言する。

点数

自分とパートナーの取ったトリックの合計が、自分とパートナーのビッドの合計以上になった場合、
(自分とパートナーのビッドの合計)×10+(ビッドの合計より多く取ったトリックの数)
の加点となる。
例) チームの合計ビッドが8でチーム全体で10トリック取った場合、8×10+2=82点となる。

自分とパートナーの取ったトリックの合計が、自分とパートナーのビッドの合計未満になった場合、
(自分とパートナーのビッドの合計)×10
の減点となる。
例) チームの合計ビッドが8でチーム全体で6トリックしか取れなかった場合、8×10=80点の減点となる。

バッグ

チーム全体で宣言したビッド以上にトリックを取った場合、上回った分だけ「バッグ」が加算される。 バッグは蓄積し、10に達すると100点の減点となる。

出せるカードの制限

リードするカードは何でもよいが、スペードが場に出るまではスペードをリードすることはできない。 2番目以降のプレイヤーはリードされたカードと同じマークのカードを出さなければならないが、持っていない場合はどのカードを出しても構わない。

ニル(Nil)

トリックを1つも取らないという宣言。配られたカードを見て1トリックも取れそうになかったら宣言する。 宣言通りに1トリックも取らなかった場合100点が加点されるが、1トリックでも取ってしまった場合は逆に100点減点される。

ダブルニル

ニル同様トリックを1つも取らないという宣言だが、配られたカードを見ずに宣言する。 1トリックも取らなかった場合は200点が加点されるが、1トリックでも取ってしまった場合は200点減点される。

勝敗の決定

何回かゲームを繰り返し、どちらかのチームが500点を超えたらゲーム終了。得点が多いチームの勝利となる。

ゲームの進め方

  1. 対面のプレイヤー同士が同じチームになる。
  2. 各プレイヤーにカードを13枚ずつ裏向きに配る。(ダブルニルを宣言する場合はここで宣言する)
  3. カードを表にし、ビッドを宣言する。
  4. ディーラーの左隣のプレイヤーから時計回りにカードを1枚ずつ出していく。
  5. 一番強いカードを出したプレイヤーがトリックを取る。次はそのプレイヤーからカードを1枚ずつ出していき、同様にゲームを進めていく。
  6. 手札がなくなったらそれぞれのチームの得点を計算する。
  7. これを繰り返し、どちらかのチームが500点を超えたらゲーム終了。得点の多いチームの勝利。

いちおしゲーム

フリーセルの無料ゲームをプレイ

フリーセル