七並べの遊び方

プレイ人数

3~8人程度

使用カード

ジョーカーを除く52枚、またはジョーカーを含む53枚

概要

7を中心に、同じマークで隣り合った数字のカードを順番に並べていくゲームです。カードを1枚ずつ出していき、早く手札をなくした人が勝ちです。 カードを出せない場合は、パスをしなければならず、4回パスをするとその時点で負けとなります。 簡単なゲームですが、他の人にカードを出させないようにする戦略も必要です。

基本ルール

出せるカードの条件

場に出ているカードに隣接するカードしか出すことができない。隣接とは、マークが同じであり、数字が続いているということである。 例えば、ハートの4から9までが場に出ているとき、ハートの3とハートの10を出すことができる。

パス

出せるカードがないときはパスをしなければいけない。出せるカードがあってもパスをして構わない。 パスをできる回数は3回までで、4回目のパスをした時点でその人は失格=負けとなる。

失格となった人の手札

4回目のパスをして失格となった人の手札は、場に置く。(各カードの本来置かれるべき場所に) 残りの人でゲームを続けるが、置かれたカードが7とつながっていない場合(そのカードがとびとびになって孤立した状態になっている場合)、そのカードに隣接するカードでも 置くことはできない。

勝利条件

早く手札がなくなった人が勝ちとなる。

ゲームの進め方

  1. カードを全員に均等に配る。
  2. 各プレイヤーは、手札の中に7があったらそれを場に出す。場に出された7は、縦1列に並べる。
  3. ダイヤの7を出した人から順番にカードを出していく。出せるカードがない場合はパスをする。
  4. 早く手札がなくなった人が勝ちで、全員が手札をなくすか失格となるまでゲームを続ける。

特殊ルール

ジョーカーを含む場合は、下記の「ジョーカーを含む場合のルールその1」か「ジョーカーを含む場合のルールその2」のどちらかが適用される。

ジョーカーを含む場合ルールその1

ジョーカーを持っているプレイヤーは、場に出ているカードと隣接している任意の場所にジョーカーを出すことができる。 ジョーカーが置かれた場所に本来置かれるべきカードを持っているプレイヤーは、そのカードを出さなければいけない。

ジョーカーを含む場合ルールその2

ジョーカーを持っているプレイヤーは、場に出ているカードと隣接している任意の位置にジョーカーを置き、さらにその隣のカードを置く。 すると、ジョーカーが置かれた場所に本来置かれるべきカードを持っているプレイヤーは、その位置にカードを置き、ジョーカーを自分の手札に 持っていかなければならない。ジョーカーを最後まで持っていたプレイヤーは負けとなる。(例:スペードの7から9までが場に出ているとき、ジョーカーを持っているプレイヤーは、 スペードのJを持っているならば、スペードの10の位置にジョーカーを置き、その隣にスペードのJも置く。スペードの10を持っているプレイヤーは ジョーカーとスペードの10を交換する。)

AとKが隣接するとみなす場合

AとKが隣接しているとみなすルール。例えば、ハートの7からKまでが並んでいる場合、ハートの2が出ていなくてもハートのAを出すことができる。 その後は、ハートの2、3、4・・・の順に出すことができる。逆に、ハートの7からAまでが並んでいる場合はハートのKを出すことができる。

いちおしゲーム

フリーセルの無料ゲームをプレイ

フリーセル