ラミーの遊び方

プレイ人数

2~6人

使用カード

52枚(ジョーカーを除く)

概要

同じ数字の札が3枚以上、同じマークで連続する数字の札が3枚以上などの役を作っていき、手札を減らしていくゲームです。 一番最初に手札をなくした人の勝ちです。麻雀に似たゲームです。

基本ルール

勝利条件

一番最初に手札を無くした人の勝利。

カードの配り方

プレイ人数によって、最初に配るカードの枚数が異なります。
2人のとき・・・10枚ずつ
3~4人のとき・・・7枚ずつ
5~6人のとき・・・6枚ずつ

メルド

役を作って場に出すこと。ラミーには、以下の2通りの場合にメルドができる。
・同じ数字のカードが3枚以上そろったとき
・同じマークで、数字が連続する3枚以上のカードがそろったとき(KとAは連続しない)

付け札

自分の順番のときに、他の人が公開したメルドに自分のカードを付け足すこと。
同一の数字のメルドには、同じ数字のカードを付け札することができる。
連続する数字のメルドの場合は、そのメルドに連続して同一マークのカードを付け札することができる。
※連続する数字のメルドに付け札する場合、2枚以上でなければならないというルールもある。

ラミー

ゲーム中に一度もメルドや付け札せずに、最後に手札をいっぺんに公開してあがることをラミーという。

ペナルティ

誰かがあがると、他のプレイヤーは手札に残ったカードに応じてペナルティが与えられる。 「ラミー」であがった場合は、ペナルティの点数が倍になる。
ペナルティの点数は以下のようになる。
J、Q、K・・・10点
A・・・1点
その他(2~10)・・・数字通りの点数

ゲームの進め方

  1. 「カードの配り方」に従って各プレイヤーにカードを配る。残ったカードは裏向きにして重ね、積み札とする。
  2. 親の左隣の人から時計回りに、積み札からカードを1枚取って手札に加え、いらないカードを1枚捨てていく。 捨て札は表向きにして重ねていく。
  3. 積み札から1枚取る代わりに、捨て札の一番上のカードを取ることもできる。
  4. 役ができたら、メルドすることができる。メルドしたカードは自分の手前に表向きにして置く。
  5. 自分の番のときに付け札ができる場合は、付け札をしてもよい。
  6. このようにゲームを進めていき、一番最初に手札を無くした人の勝ちとなる。 残りのプレイヤーには、手札に残ったカードに応じてペナルティ点が与えられる。

いちおしゲーム

フリーセルの無料ゲームをプレイ

フリーセル