ハーツの遊び方

プレイ人数

3~6人

使用カード

基本はジョーカーを使用しない52枚だが、人数によって以下のように変わる。
3人プレイ時・・・51枚(クラブの2もしくはダイヤの2を抜く)
4人プレイ時・・・52枚
5人プレイ時・・・50枚(クラブの2とダイヤの2を抜く)
6人プレイ時・・・48枚(全てのマークの2を抜く)

概要

1枚ずつカードを出していき一番強いカードを出した人がカードを獲得するゲームですが、 ハートのカードやスペードのQはマイナス点となるため、それらのカードをできるだけ取らないようにすることを目標とするゲームです。

用語・基本ルール

トリック、リード

最初にカードを出すプレイヤーがカードを出した後、そのプレイヤーの左隣の人から順番にカードを1枚ずつ出していく。 全員が1枚ずつカードを出したら、一番強いカードを出した人が場に出されたカードを獲得する。この一連の流れを「トリック」と呼ぶ。 また、最初にカードを1枚出すことを「リード」と呼ぶ。

カードの強さ

リードされたマークのA > リードされたマークのK > ・・・ > リードされたマークの2 > その他(リードされたカードと違うマークのカード)

カードの点数

以下のカードを獲得するとマイナス点が与えられる。

ハートのカード -1点
スペードのQ -13点

シュート・ザ・ムーン

マイナス点となるカード(ハートのカード全てとスペードのQ)を全て獲得するとマイナス点は与えられず、逆にそれ以外のプレイヤー全員に-26点が与えられる。

出せるカードの制限

ハートのカードが場に出るまでは、最初にハートのカードを出す(リードする)ことができない。
また、最初のトリックではマイナス点となるカード(ハートのカード全てとスペードのQ)を出すことができない。

勝敗の決定

何回かゲームを繰り返し、誰かが-100点以下になった時点でゲーム終了。この時点で0点に一番近いプレイヤーが勝利。

ゲームの進め方

  1. 各プレイヤーに均等にカードを配る。
  2. 自分の手札からいらないカードを3枚、裏向きにして左隣のプレイヤーに渡す。
  3. 右隣のプレイヤーからカードを3枚受け取る。
  4. クラブの2を持っているプレイヤーはクラブの2を場に出す。(クラブの2が抜かれている場合はクラブの3)
  5. 最初にカードを出したプレイヤーの左隣のプレイヤーから順番に、リードされたカードと同じマークのカードを出していく。 ただし、同じマークのカードを持っていない場合はどのカードを出してもよい。
  6. 全員がカードを1枚ずつ出したら一番強いカードを出したプレイヤーが場に出たカードを獲得する。
  7. 次のトリックからはカードを獲得したプレイヤーが一番最初にカードを出し、同様にゲームを進める。
  8. 手札がなくなったら1ラウンド終了。各プレイヤーのマイナス点を計算する。
  9. 誰かが-100点以下になったらゲーム終了。この時点で0点に一番近いプレイヤーが勝利となる。

ローカルルール

カードの交換について

カード交換の対象プレイヤーをトリックごとに変えるルールがある。カードを渡すプレイヤーを例えば、
4人プレイ時・・・左隣→右隣→対面→交換なし
5人プレイ時・・・左隣→右隣→左隣の左隣→右隣の右隣→交換なし
6人プレイ時・・・左隣→右隣→左隣の左隣→右隣の右隣→対面→交換なし
のように変化させる。

いちおしゲーム

フリーセルの無料ゲームをプレイ

フリーセル