絵札とりの遊び方

プレイ人数

2~7人

使用カード

基本は53枚(ジョーカーを含む)で、人数によって下記のように枚数を減らす。
2人または4人・・・クラブの2を除く52枚
3人・・・クラブの2とダイヤの2を除く51枚
5人・・・クラブの2、ダイヤの2、ハートの2を除く50枚
6人・・・すべての2と、クラブの3を除く48枚
7人・・・すべての2を除く49枚

概要

各プレイヤーが1枚ずつカードを出していき、一番強いカードを出した人が出されたカードをすべて獲得します。 ゲーム終了時に、獲得したカードの中の絵札の合計点数が一番高い人の勝ちとなります。

基本ルール

勝利条件

獲得した絵札の合計点数が一番高い人の勝ち

カードの強さ

ジョーカー > スペードのA > 切り札のA > 切り札のK > ・・・ > 切り札の3 > 切り札の2 > 台札のA > 台札のK > ・・・ > 台札の3 > 台札の2

切り札

切り札は、一巡ごとにクラブ→ダイヤ→ハートの順に変わっていく。スペードは切り札にならない。

絵札の点数

K・・・20点
Q・・・10点
J・・・5点
ただし、同じマークのK、Q、Jをそろえた場合は3つ合わせて50点となる。

ゲームの進め方

  1. 各プレイヤーに4枚ずつカードを配る。残りのカードは場に表向きに置いて積み札とし、一番上のカードだけ裏向きにする。
  2. 親の左隣のプレイヤーが、カードを1枚表向きに出す。このカードが台札となる。ただし、最初の1回に限り、切り札(クラブのカード)とスペードのカードは出すことができない。
  3. 時計回りに、台札と同じマークのカードを出していく。ただし、台札と同じマークのカードを持っていない場合は、どのマークのカードを出してもよい。
  4. 全員が1枚ずつカードを出し終えたら、その中で一番強いカードを出した人が場に出されたカードをすべて取得する。
  5. 勝ったプレイヤーは、積み札の1番上にある裏向きのカードを手札に加える。その他のプレイヤーは表向き担っている積み札からカードを1枚、手札に加える。 そして、積み札をひっくり返して、一番上のカードだけ裏向きにしたまま残りのカードを表向きにして場におく。
  6. 2巡目以降は前回勝った人が台札を出す。また、2巡目以降はスペードのカードも台札として出すことができる。
  7. このようにしてゲームを進めていき、全員の手札が無くなったらゲーム終了。
  8. 各プレイヤーが取得したカードの中で、絵札だけを点数として計算し(基本ルール参照)、一番得点の高い人の勝利となる。

特殊ルール

台札を出す人には、いくつかの特別な権利が与えられる。

切り札請求

台札としてジョーカーを出すと、切り札を持っているプレイヤーは必ず切り札を出さなければならない。ジョーカーを出した人が勝者となり、場に出されたカードを獲得する。

ジョーカー請求

スペードの3を台札として出すと、ジョーカーを持っている人は必ずジョーカーを出さなければならない。ジョーカーが出た場合、スペードの3を出した人が勝者となる。

いちおしゲーム

フリーセルの無料ゲームをプレイ

フリーセル