ドボンの遊び方

プレイ人数

3~7人

使用カード

52枚(ジョーカーを除く)

概要

台札と同じマークか同じ数字のカードを出していき、手札を一番最初になくした人が勝ちとなります。 役札や、ドボンというルールをうまく使っていくことが重要なゲームです。

基本ルール

勝利条件

一番最初に手札をなくした人が勝利。

役札の効果

ドボンには数種類の「役札」が存在し、特別な働きをする。
8・・・台札がどんなカードでも出すことができ、次の人が出すカードのマークを指定することができる。
2・・・次の人は積み札からカードを2枚取らなくてはならず、カードを出すことができない。ただし、次の人も2を出した場合は、その次の人が4枚のカードを取らなくてはならない。 このように、2が連続した数×2枚のカードを、2を出せなかった人が取らなくてはならない。
A・・・次の順番の人を飛ばして、その次の人の順番となる。すなわち、次の人は一回休みとなる。
J・・・順番が逆回りとなる。
Q・・・Qを2枚以上持っていて、そのうち1枚が本来出すことができるカードであれば、まとめて出すことができる。 本来出すことができるQを一番下にして、一番上に置いたカードが新しい台札となる。

ドボン

このゲームで一番特徴的なルール。手札の数字をすべて足した数字が台札の数字と一致する場合は、 台札のマークや数字に関係なく、手札を一度に出して上がることができる。
例:台札がスペードのQ(12)であるとき、手札がダイヤの3、ハートの4、クラブの5の3枚だけであった場合、数字の合計が3+4+5=12となって台札の数字と一致するため、 「ドボン」であがることができる。

ゲームの進め方

  1. カードをよく切って、各プレイヤーに5枚ずつ配る。残りのカードは裏向きにして中央に重ねて置き、積み札とする。
  2. 積み札の1番上のカードをめくり、場に表向きに置く。このカードが最初の台札となる。
  3. 親の左隣の人から順番に、台札と同じマークか同じ数字のカードを手札から出して、台札に表向きに重ねる。このカードが、新しい台札となる。 手札の中に出せるカードがない場合は、積み札からカードを1枚ずつ加えていき、出せるカードが出たら台札に重ねて次の人の順番となる。
  4. このようにゲームを進めていき、手札が残り1枚になったら「リーチ」と宣言する。 この宣言を忘れた場合は、積み札からカードを1枚取って手札に加えなければならない。
  5. 手札を一番最初になくした人の勝ちとなる。

いちおしゲーム

フリーセルの無料ゲームをプレイ

フリーセル