銀行(お金)の遊び方

プレイ人数

3~7人

使用カード

52枚(ジョーカーを除く)

概要

親が銀行員、その他のプレイヤーが預金者となり、賭けをするゲームです。 銀行員が破産したら預金者の勝ち、預金者がすべて破産したら銀行員の勝ちとなります。

基本ルール

カードの強さ

A > K > Q > J (2~10はお金として使うため、強さは関係ない)

勝利条件

すべての預金者が破産したら銀行員の勝ち。銀行員が破産したら預金者の勝ちで、持っているお金の多い順に順位が決まる。

カードの使い方

A、K、Q、J以外のカードはお金として使う。赤いマーク(ハートとダイヤ)のカードは2,000円、黒いマーク(スペードとクラブ)のカードは1,000円として使う。 お金として使う36枚のカードの合計金額は54,000円となる。

ゲームの進め方

  1. お金のカードの合計金額54,000円のうち、半額の27,000円分のカードを銀行員に配る。残りの27,000円分は、預金者に金額が均等になるように配る。
  2. 銀行員は、お金以外の16枚のカード(A、K、Q、J)をよく切って、裏向きのまま7枚のカードを場に並べる。そして、自分の前にもカードを1枚置く。 これが銀行員の勝負札となる。
  3. 預金者は、場の7枚のカードから1枚を選択して、自分の所持しているお金の中から好きな額を選択したカードの前に表向きに置く。これが、各預金者の賭け金となる。 他の預金者と、選択したカードが同じになっても構わない。
  4. 全員が賭け終わったら、銀行員は自分の勝負札を、預金者は自分が選択したカードを一斉に表向きにする。
  5. 銀行員の勝負札の方が預金者の選択した札よりも強ければ、預金者の賭け金はすべて銀行員のものになる。 逆に、預金者の選択した札の方が銀行員の勝負札よりも強ければ、銀行員は預金者が賭けた金額を預金者に支払う。 引き分けの場合は、賭け金は預金者に戻る。
  6. このようにゲームを続けていき、銀行員のお金がすべて無くなったらゲーム終了となり、所持する金額が多い順に1位、2位・・・となる。 すべての預金者のお金が0になった時は、銀行員の勝ちとなる。

いちおしゲーム

フリーセルの無料ゲームをプレイ

フリーセル