テキサスホールデムの遊び方

プレイ人数

2~10人

使用カード

52枚(ジョーカーを除く)

概要

世界的に大流行しているポーカーゲームです。 自分の手札は2枚だけで、全てのプレイヤーが共通で使用するコミュニティーカードと呼ばれる5枚のカードと組み合わせて役を作ります。

基本ルールと基本用語

コミュニティーカード

中央に表向きに置かれたカード。最初は3枚で、最終的には5枚になる。各プレイヤーが共通して使用する。 各プレイヤーは、手札の2枚とコミュニティーカードの5枚を合わせ、計7枚の中からポーカーの役を作っていく。

ディーラー

カードを配る人(親)のこと。各プレイヤーが順番にディーラーになっていく。

ベット

チップを賭けること。

ポット

各プレイヤーが賭けたチップの集合

スモールブラインド

ディーラーの左隣の人がするベット。ゲーム開始時に必ず行わなければならない。

ビッグブラインド

スモールブラインドをした人の左隣の人がする、スモールブラインドの2倍のベット。ゲーム開始時に必ず行わなければならない。

チェック

チップを賭けないこと。誰かがベットした後はできない。

コール

前の人と同じ枚数のチップを賭けること。

レイズ

前の人よりも多い枚数のチップを賭けること。

フォールド

ゲームから降りること。

オールイン

ゲーム中にチップが無くなった場合、持っているチップをすべて出し、出したチップ分だけ勝負すること。

サイドポット

オールインをしたプレイヤーがいた場合、オールインのチップ以上に賭けられたチップを別にして、2つ目のポットを作ること。 オールインをしたプレイヤーは、2つ目のポットを獲得する権利はないが、ゲームを続けることができる。

ノーコンテスト

他のプレイヤーがすべてフォールドして、プレイヤーが1人だけになること。ポットはすべて勝者のものになる。

ゲームの進め方

  1. ディーラーの左隣の人が、「スモールブラインド」をする。次に、その左隣の人が「ビッグブラインド」をする。
  2. ディーラーは、各プレイヤーにカードを2枚ずつ裏向きにして配る。残りのカードは裏向きにして重ね、積み札とする。
  3. ビッグブラインドをした人の左隣の人から順番に(反時計回りに)ベットしていく。「ベット」、「チェック」、「コール」、「レイズ」、「フォールド」のいずれかを行う。 フォールドをしなかった人が2人以上いたら、次へ進む。
  4. ディーラーは、コミュニティーカードを3枚、中央に表向きに置く。(これを「フロップ」という) 各プレイヤーは、コミュニティーカードと自分の2枚の手札を合わせて役を作ることを考えていく。
  5. ビッグブラインドをした人の左隣の人から順番に(反時計回りに)ベットしていく。「ベット」、「チェック」、「コール」、「レイズ」、「フォールド」のいずれかを行う。 1人を除いて全員フォールドした場合は、フォールドしなかった人の勝ちである。フォールドをしなかった人が2人以上いたら次のラウンドへ進む。
  6. ディーラーは、コミュニティーカードを1枚追加する。(これを「ターン」という) コミュニティーカードが3枚のときと同様にベットを行う。 フォールドをしなかった人が2人以上いたら次のラウンドへ進む。
  7. ディーラーは、最後の5枚目のコミュニティーカードを場に置く。(これを「リバー」という) コミュニティーカードが3枚、4枚のときと同様にベットを行う。
  8. 最後のラウンドが終了したときに、フォールドをしていない人が2人以上いたら、残った人は手札を公開する。(ショーダウン) 全7枚中5枚で、より強いポーカーの役を作った人の勝利である。勝者はポットをすべて獲得する。 ただし、勝者が2人以上いた場合は、ポットを等分してそれぞれ勝者に与えられる。
  9. このようにしてゲームを続けていき、チップが無くなった人はゲームから抜けていき、最後まで残った人の勝利となる。

ポーカーの役(ポーカーハンド)

ポーカーの役を、弱い順に紹介します。2人のプレイヤーが同じ役を作った場合は、 役を構成しているカードの数字が強い方(A、K、・・・2の順)が勝ちとなります。 役を構成しているカードも同じ場合は、役に使われていないカードが強い方が勝ちとなります。 テキサスホールデムでは、7枚の中から役がもっとも強くなる5枚を選択して、その5枚の役で勝負します。

ワンペア

同じ数字のカードが1組だけある。 ワンペア

ツーペア

同じ数字のカードが2組ある。 ツーペア

スリーカード

同じ数字のカードが3枚ある。 スリーカード

ストレート

マークに関係なく、5枚の数字が連続する。(10-J-Q-K-Aはストレートとなるが、Q-K-A-2-3はストレートにならない。 すなわち、KとAは連続するが、K-A-2含むものはストレートにはならない) ストレート

フラッシュ

同じマークのカードが5枚ある。 フラッシュ

フルハウス

スリーカードとワンペアが1組ずつできる。 フルハウス

フォーカード

同じ数字のカードが4枚ある。 フォーカード

ストレートフラッシュ

同じマークで、5枚の数字が連続する。 ストレートフラッシュ

ロイヤルフラッシュ

同じマークの10、J、Q、K、Aをそろえる。 ロイヤルフラッシュ

いちおしゲーム

フリーセルの無料ゲームをプレイ

フリーセル