7カードスタッドの遊び方

プレイ人数

2~6人

使用カード

52枚(ジョーカーを除く)

概要

7枚のカードの中から5枚を選んで役を作るポーカーです。カードが7枚あるので通常のポーカー(ドローポーカー)よりも強い役が作りやすいのが特徴です。 また、7枚中4枚は表向きに配られて他のプレイヤーから見える状態であるのも特徴です。

基本用語

3rd street~7th street

3枚目に配られるカードを3rd streetと呼ぶ。同様に4枚目~7枚目に配られるカードを4th street~7th streetと呼ぶ。

ベッティングラウンド

カードが配られた後に行われる賭けのこと。全部で5回のベッティングラウンドがある。

アンティ

参加料のこと。カードを配る前にすべてのプレイヤーが決められた額を支払う。

ベット

チップを賭けること。

チェック

チップを賭けずに様子を見ること。誰かがベットをした後にはできない。

コール

前の人と同額のチップを賭けること。

レイズ

前の人よりも多い額のチップを賭けること。

フォールド

ゲームを降りること。

スモールベット

最低ベット額。3rd street、4th streetのベッティングラウンドではスモールベットがベットやレイズの単位になる。

ビッグベット

スモールベットの2倍の額。5th street以降のベッティングラウンドはビッグベットがベットやレイズの単位になる。

ブリングイン

3rd streetの後、一番最初にアクションをする人が行う強制ベット。額はスモールベットよりも小さい。

コンプリート

3rd streetの後、一番最初にアクションをする人がスモールベットと同額を賭けること。

カードの強さ

A、K、・・・、2の順。同じ数字の場合は、スペード、ハート、ダイヤ、クラブの順。複数のカードで役ができている場合は役の順。

ゲームの進め方

  1. 参加するプレイヤーはアンティを支払う。
  2. 各プレイヤーにカードを2枚ずつ裏向きに配る。(自分に配られたカードは表を見てもよい)
  3. 各プレイヤーにカードを1枚ずつ表向きに配る。(3rd street)
  4. 3枚目のカードが一番弱いプレイヤーは、ブリングインかコンプリートを選択する。
  5. 最初にアクションをした人の左隣の人から順にアクション(レイズ、コール、フォールド)をしていく。
  6. 全員がアクションをし終えたら、4枚目のカード(4th street)を表向きに配る。
  7. 表向きの2枚のカードが強い人から時計回りにアクション(ベット、チェック、コール、レイズ、フォールド)をしていく。
  8. 同様に5枚目~7枚目(5th street~7th street)のカードを配り、1枚配るごとにベッティングラウンドを行う。表向きになっているカードが強い人から時計回りにアクションをしていく。 また、7枚目のカードは裏向きに配る。
  9. フォールドしなかったプレイヤーは裏向きのカードを公開する。 一番強い役を作った人の勝ちで、場に出たチップを全て獲得することができる。

ポーカーの役(ポーカーハンド)

ポーカーの役を、弱い順に紹介します。2人のプレイヤーが同じ役を作った場合は、 役を構成しているカードの数字の強い方(A、K、・・・2の順)が勝ちとなります。 7カードスタッドでは、7枚の中から役がもっとも強くなる5枚を選択して、その5枚の役で勝負します。

ワンペア

同じ数字のカードが1組だけある。 ワンペア

ツーペア

同じ数字のカードが2組ある。 ツーペア

スリーカード

同じ数字のカードが3枚ある。 スリーカード

ストレート

マークに関係なく、5枚の数字が連続する。(10-J-Q-K-Aはストレートとなるが、Q-K-A-2-3はストレートにならない。 すなわち、KとAは連続するが、K-A-2含むものはストレートにはならない) ストレート

フラッシュ

同じマークのカードが5枚ある。 フラッシュ

フルハウス

スリーカードとワンペアが1組ずつできる。 フルハウス

フォーカード

同じ数字のカードが4枚ある。 フォーカード

ストレートフラッシュ

同じマークで、5枚の数字が連続する。 ストレートフラッシュ

ロイヤルフラッシュ

同じマークの10、J、Q、K、Aをそろえる。 ロイヤルストレートフラッシュ

いちおしゲーム

フリーセルの無料ゲームをプレイ

フリーセル