ポーカー(ドローポーカー)の遊び方

プレイ人数

2人~7人

使用カード

52枚、またはジョーカーを含む53枚

概要

一回だけカードを交換し、5枚のカードでポーカーの役を作ります。チップを賭け、より多くのチップを獲得することを目的とします。 日本では一番なじみのある、基本的なポーカーです。

基本用語

アンティ

参加料のこと。カードを配る前にすべてのプレイヤーが決められた額を支払う。

ベット

チップを賭けること。

チェック

チップを賭けずに様子を見ること。誰かがベットをした後にはできない。

コール

前の人と同額のチップを賭けること。

レイズ

前の人よりも多い額のチップを賭けること。

ドロー

いらないカードを捨てて、捨てたカードと同じ枚数のカードを積み札から補充すること。

フォールド

ゲームを降りること。

ゲームの進め方

  1. 参加するプレイヤーはアンティを支払う。
  2. ディーラーが各プレイヤーにカードを5枚ずつ裏向きにして配る。残りのカードは積み札として中央に置く。
  3. 各プレイヤーは配られたカードを見る。ディーラーの左隣の人から順番にアクション(ベット、チェック、コール、レイズ、フォールド)をしていく。
  4. 全員がアクションを終えたら1巡目は終了。
  5. フォールドした人以外は、ディーラーの左隣の人から順番にカードの交換(ドロー)をする。カードの交換はしなくてもよい。
  6. 全員がカードの交換を終えたら、ディーラーの左隣の人から順に2回目のアクションをしていく。
  7. 手札を公開して役の強さを判定する。(役の強さは下記参照)
  8. 一番強い役の人が、場に出たチップをすべて獲得することができる。また、1人以外全員がフォールドした場合は、残った1人が勝者となる。

ポーカーの役(ポーカーハンド)

ポーカーの役を、弱い順に紹介します。2人のプレイヤーが同じ役を作った場合は、 役を構成しているカードの数字が強い方(A、K、・・・2の順)が勝ちとなります。

ワンペア

同じ数字のカードが1組だけある。 ワンペア

ツーペア

同じ数字のカードが2組ある。 ツーペア

スリーカード

同じ数字のカードが3枚ある。 スリーカード

ストレート

マークに関係なく、5枚の数字が連続する。(10-J-Q-K-Aはストレートとなるが、Q-K-A-2-3はストレートにならない。 すなわち、KとAは連続するが、K-A-2含むものはストレートにはならない) ストレート

フラッシュ

同じマークのカードが5枚ある。 フラッシュ

フルハウス

スリーカードとワンペアが1組ずつできる。 フルハウス

フォーカード

同じ数字のカードが4枚ある。 フォーカード

ストレートフラッシュ

同じマークで、5枚の数字が連続する。 ストレートフラッシュ

ロイヤルフラッシュ

同じマークの10、J、Q、K、Aをそろえる。 ロイヤルストレートフラッシュ

ファイブカード

同じ数字のカード4枚とジョーカーをそろえる。(ジョーカーを使用する場合のみ) ファイブカード

いちおしゲーム

フリーセルの無料ゲームをプレイ

フリーセル