ラミーのルールと遊び方
ゲームの概要
プレイ人数使用カード枚数
2~6人52枚(ジョーカーを含まない)
ゲームジャンル
ラミー系トランプゲーム
   麻雀に似たゲームの系統です。カードを引いては捨て、特定の組み合わせを作っていくゲームです。
概要
麻雀に似たゲームです。
 同じ数字のカード3枚以上、もしくは同じマークで連続する数字のカード3枚以上の役を作っていき、手札を減らしていくゲームです。
 一番早く「手札」を無くしたプレイヤーが勝ちとなります。
基本用語
  • ● 山札・・・場の裏向きに配置されたカード束。
  • ● 捨て札・・・「手札」から出され場にオモテ向きに置かれたカード。
    「山札」が無くなった場合、「捨て札」をしっかりと切って裏向きにして「新しい山札」として使います。
  • ● 手札・・・プレイヤーのカード。
  • ● メルド・・・「手札」の中に、同じ数字のカード3枚以上の組み合わせ、もしくは同じマークで数字が連続するカード3枚以上の
    組み合わせ
    があった場合、 それらのカードを「手札」場に設けられた「メルドエリア」へ移し、公開することができます。
    これをメルドといいます。
    1.同一数字のカードが3枚以上
    2.同一マークで、数字が連続するカードが3枚以上(AとKは連続しない)
  • ● 付け札・・・メルドエリアに公開された自分や相手プレイヤーのメルドに自分の手札のカードを付け加えること。
    同一数字のセットには同じ数字のカードを付け札することができます。
    同一マークのセットには同じマークで連続する数字のカードであればカードを付け札することができます。
  • ● ラミー・・・ゲーム中に一度も「メルド」や「付け札」せずに、最後に手札をいっぺんに公開してあがることをラミーという。
    ラミーで上がると点数が2倍になるというメリットがあります。
攻略のワンポイント!
「ラミー」は「役」を作りながら、誰よりも早く上がる、シンプルでいて思考要素の強いゲームです。
 攻略のポイントは

    ● 【早さ重視なら「メルド」や「付け札」で手早くカードを出していこう】です。

 相手よりも早く役を作って上がることがメインのゲームですが、ただ「あがる」だけならば相手のメルドに「付け札」など行い、「手札」を減らしてゆ
 くという方法もあります。
 「手札」を見極め、役を作るのが難しいと判断するか否かでゲームの進め方が大きく変わってくるでしょう。
基本ルール

トランプスタジアムでの
設定とルール

トランプスタジアムのラミーでは、一回の対戦(お互いの手札と山札が無くなるまで)を「ラウンド」と呼びます。
各ラウンドで獲得した得点を加算して、どちらかが-100点以下になるまで(加点方式の場合は誰かが100点以上になるまで)を「マッチ」と呼びます。


いずれかのプレイヤーが「設定」の「勝利条件」で設定されたマッチ数を勝利するとゲーム終了です。

山札が尽きた場合、捨て札を切りなおして山札にします。ただし、2回山札が尽きた場合は引き分けとなります。

ペナルティ

いずれかのプレイヤーあがると、他のプレイヤーは「手札」に残ったカードに応じてペナルティが与えられます。
一番に上がったプレイヤーが「ラミー」であがった場合は、ペナルティの点数が倍となります。

ペナルティの点数は以下のように定められています。
手札に残ったカードペナルティのマイナス点
K(キング), Q(クイーン), J(ジャック)10点
A(エース)1点
2~10数字通りの点数

カードの配り方

プレイ参加人数によって、最初に配るカードの枚数が異なります。
2人のとき10枚ずつ
3 ~ 4人のとき7枚ずつ
5 ~ 6人のとき6枚ずつ

カードの点数

絵札の点数は以下のように得点が定められています。
カード得 点
K(キング), Q(クイーン), J(ジャック)10点
A(エース)1点
2~10数字通りの点数

点数の計算方法

点数の計算方法は、「ゲーム」 → 「設定」 → 「得点方式」で変更することができます。

減点方式の場合
 上がったプレイヤー以外のプレイヤーは、残った手札の点数だけ減点されます。
  (ラミーで上がった場合、他のプレイヤーは手札の点数の2倍減点されます。)

加点方式の場合
 上がったプレイヤー以外のプレイヤーの残った手札の点数を合計し、その点数が
 上がったプレイヤーの得点になります。  (ラミーで上がった場合は得点が2倍になります。)

カード移動のルール

自分の番が回ってきたら、中央の山札か捨て札のどちらかをクリックしてカードを取ります。

メルドできるカードの組み合わせがあったら、それらのカードを選択状態にし、中央のメルドエリアをクリックすることによってメルドすることができます。

※ラミーができる場合はラミーボタンを押すことができるようになります。ラミーボタンを押してください。


付け札をする場合は、付け札をするカードを選択状態にし、対象のメルドをクリックしてください。

最後に捨てるカードを一枚選択状態にしてから、捨て札をクリックしてカードを捨てます。これで自分の番が終了です。


① カードをよく切り、各プレイヤーに裏向きで手札を配ります。
 まずジャンケンなどで「親」を決め、「親」は52枚のカードよく切ってから上記の「カードの配り方」を参考に、参加プ
 レイヤー数に応じて「手札」となるカードを自分と相手プレイヤーに配り、残りのカードは「山札」として場の中央へ
 裏向きのカードの束として配置します。

「親」は1ゲームごとに交代になります。
② 「手札」に役を作ってゆく。
 親の左隣の人から時計回りに、「山札」からカードを1枚取って「手札」に加え、いらないカードを1枚捨てていきます。
 「捨て札」は「山札」のと成りにオモテ向きにして重ねていきます。
「山札」から1枚取る代わりに、「捨て札」の一番上のカードからもカードを1枚を取ることもできます。

③ 「メルド」と「付け札」
 役ができたら、「メルドエリア」に公開することが出来ます
 メルドエリアに公開されたか役に対して自分や対戦相手は、「付け札」できるカードが「手札」にあれば、付け札を行う
 ことができます。

 このようにゲームを進めていき、一番最初に手札を無くした人の勝ちとなります。
 1位抜け出来なかった残りのプレイヤーには、手札に残ったカードに応じてペナルティ点が与えられます。

ページトップボタン