クロンダイクのルールと遊び方
ゲームの概要
プレイ人数使用カード枚数
1人52枚(ジョーカーを含まない)
概要
某OSに付属の標準ゲーム「ソリティア」の名前で有名なゲーム。
 もともとは「クロンダイク」というのが正式な名称で、カードの色を交互に且つ、降順になるよう場にカードを移動させて最終的に同じマークでA~Kま
 で揃えるというゲームです。
基本用語
  • ● 場札・・・左から順に1枚、2枚、・・・7枚と7列になっているカード。先頭のカードは表向きになっています。
  • ● 山札・・・左上に配置された裏向きのカード束。クリックすることでカードをめくることができます。
  • ● 手札・・・「山札」をめくり、表向きに表示されたカードのうちから一番手前にあるカード。
  • ● 組札・・・右上に移動させたカード。この組札のカードをマーク別にA~Kまで昇順で揃えていきます。(ゲーム開始時は空欄)
攻略のワンポイント!
「クロンダイク」は思考よりも運に強く左右される要素の強いゲームです。
 攻略のポイントは

    ● 【Aや2は優先的に「山札」や「場札」から「組札」へ移動】
    ● 【「山札」から「場札」への移動は漏れなく行う】
    ● 【時には「組札」から戻すことも利用する】です。

 「組札」へ同じマークごとにA~Kまで昇順で揃えればクリアとなるゲームです。
 「山札」や「場札」に現れるカードをしっかりと確認し、時には「組札」へ移動したカードも戻して使いながら「場札」のカードを展開していきましょ
 う。 1つの操作ミスでクリアできないことや、何もカードの移動ができずに終わることもあるので「運」を味方に地道にプレイしていきましょう。
基本ルール

カード移動のルール

「場札」にはカードは色が交互になるように降順で、「組札」は同じマークでA~Kへと昇順で。

① 先ずは「場札」を見極めて「A(エース)」は「組札」へ
 ゲーム開始時に展開されている「場札」最前列のカードを確認して「A(エース)」があれば「組札」へ移動します。
 次に「場札」のうちから色が交互になるように降順になるカードがあれば、移動を行い、列を整えていきます。
 カードを移動し、「場札」で裏向きになったままカードがあれば、クリックしてオモテにし、同じように色が交互にな
 るように降順
に配置できるようであれば、移動をする。を繰り返します。

● A(エース)のカードがあれば優先的に「組札」へ移動。
● 「場札」でのカードの移動は色が交互になるように降順で。
● 裏向きのカードは早めに表向きに。


7列の「場札」で操作は抜けも起こりやすいですが、漏れなく行うことがゲームクリアへの道につながります。
② 「手札」カード
 「山札」をめくり、オモテ向きにしたカードの一番手前のカードを「手札」と呼びます。
 「手札」は出た数字やマークの色・カタチによって「場札」へも「組札」へも移動することができます。 一番手前の手
 札を移動したら、2番目に表示されていたカードが「手札」となり、3枚目に表示のカードを移動したらさらに手前でめく
 った「山札」のカードが3枚表示され、同じように一番手前がのカードが「手札」となります。

 「山札」は「場札」や「組札」へカードが移動されるごとに表示順番が繰り上げられてゆくので、2枚目や3枚目に表示さ
 れていて動かすことのできなかったカードも、「山札」からのカードの移動があれば手前にカードが移動してくるので、
 あきらめないことも要素の一つになります。

③ 「場札」のカードはまとめて移動が可能
 色が交互になるように降順に重ねられたカードは、降順になっている組み合わせのカードならばまとめて移動
 することができます。  例えば、色が交互に 6、5、4、3、2 となっている「場札」のカードがあった場合、
 降順の起点となる「6」のカードをポイントしてドラッグを行うことで、カードをまとめて移動することができます。
④ 「場札」に空いた列と「K(キング)」のカード
 ゲームを進め、「場札」の移動を繰り返していると、その列に表示されていたカードを別の列に移動してしま
 い何もカードの残っていない列
ができることがあります。
 そのような列には「K(キング)」のカードを配置することができます。

 この場合も、もし「K」以降色が交互になるように降順に重ねられたカードとなっていれば、まとめて移動することが
 可能です。
● 空列になった列にはK(キング)のカードの配置ができます。
● カードの移動は色が交互になるように降順に重ねられたカードの状態であれば、まとめての移動も行えます。


ページトップボタン